職員の懲戒処分について

公開日 2022年06月16日

更新日 2022年06月15日

令和4年6月13日付けで、暴行により職場の秩序を乱した職員及びその上司である職員の懲戒処分を行いましたので、お知らせします。

 

■被処分職員及び処分内容

  係長級職員(40歳代)  停職6月      (職場内秩序びん乱)

  課長級職員      減給6月 1/10  (管理監督責任)

  課長補佐級職員    戒  告       (管理監督責任)

 

■処分日  令和4年6月13日 (月)

 

■処分理由

 上記係長級職員は、率先して部下の指導を行っていたが、逸脱した叱責や暴行を不定期に複数回行っていた。

 真室川町職員の懲戒処分の基準等に関する規則第2条別表で定める、「職場内秩序びん乱」のうち、「暴行により職場の秩序を乱した」違反行為に該当することから、懲戒処分審査会から意見を聴取し、答申どおり、当該職員及びその上司である課長級職員と課長補佐級職員を懲戒処分とした。

 

■町長コメント

 この度、本町の職員が、部下に対し暴行を行っていたことにつきまして、令和4年6月13日付けで、当該職員を停職6か月、管理監督責任として課長級職員を減給6か月、課長補佐級職員を戒告の懲戒処分としたところです。

 暴行は、いかなる理由があっても個人の尊厳や人格を侵害する許されない行為であり、当該職員の行為により、町行政に対する町民の皆様の信用と信頼を大きく損ねたことに対しまして、深くお詫びを申し上げます。

 今後は、このようなことが二度と起こらないよう、職員の綱紀の保持と粛正をさらに徹底し、町民の皆様からの信頼回復に取り組んでまいります。

 

    令和4年6月16日   

                                           真室川町長  新 田 隆 治