社会資本総合整備計画 事後評価書の公表について

公開日 2019年01月11日

更新日 2018年12月10日

社会資本整備総合交付金について

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組みを支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の確保及び向上を図ることを目的に平成22年度に創設されました。

社会資本総合整備計画

地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施する場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。

また、交付期間の終了時には計画目標の実現状況等について評価を行い、これを公表するとともに、国土交通大臣に報告することとされております。

 

真室川町では平成27年度から平成29年度までの3ヵ年において事業を実施し、その実現状況について事後評価を行いましたのでこれを公表します。

 

社会資本総合整備計画事後評価書「真室川町における下水道未普及地域の整備」[PDF:1.11MB]

お問い合わせ

建設課
TEL:0233-62-2111
FAX:0233-62-2731

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード