五郎前遺跡出土「土偶」

公開日 2021年04月01日

更新日 2021年04月28日

国指定重要文化財

五郎前遺跡出土「土偶」

土偶

 真室川町大字釜渕字五郎前出土(身長 23.4 センチメートル、大洞 A’式)。

 

 この土偶は大正 4 年、田んぼだった釜渕字五郎前遺跡から発見されました。

 縄文時代晩期の完全な形をした貴重な完形土偶で、多くの専門誌や美術誌に掲載され、海外にま で紹介されています。

 内部は空洞で、色は赤みがかった褐色をし、頭髪は大き く束ねて髷のような形をしています。肩から乳が張り出し、腰にパンツのようなものをつけ、太い両足を表現しています。焼成後に朱を塗ったらしく、一部にその跡が残されています。

 昭和40年5月29日に、国の重要文化財に指定されました。

お問い合わせ

教育課
TEL:0233-62-2223
FAX:0233-62-2731